【エアマックス1】特徴からサイズ感まで徹底解説

Fashion

今回はエアマックスの定番ナイキエアマックス1の紹介・解説をしていきたいと思います。サイズ感やヒールの高さについてもご紹介しますが、注意点としてサイズ感というのは個人の感覚であったりとか同じモデルでも素材が違う場合は多々あるのであくまで目安としてお考え頂ければなと思っております。ヒールの高さに関してもやっぱりちょっと外寸になってきます。外寸になるので 体重の乗り具合であったりとかあくまでヒールに足が乗るわけではないのでちょっとそちらは言葉でカバーしていければと思うんですが、あくまで目安としてお考えください。サイズによっても若干の誤差が出てくると思うのでもちろん個人差があると思います。目安として考えて頂いて、目安として購入の参考にして頂ければなと思います。

snkrdunk.com

ナイキエアマックス1の歴史を振り返る

1978年初めてナイキエアを搭載し、リリースされたシューズです。内部にガスを封入したエアバッグを搭載。気体である圧縮ガスを原料とするナイキエアは従来のものと比較してクッション性能低下が起こりにくく、ソフトな履き心地を実現するも機能的にはランニングシューズに不可欠な反発力が足りないなどまだまだ課題が残されていました。この影響により優れたソールを目指したナイキエアの開発が本格的に加速させていきます。1980年代に入り、さまざまなエアソールのより機能性を向上するもののその効果を一般的に知らしめることはかなり困難だったようです。ナイキエアは一見普通のソールと見分けがつかず実際に着用してみるまではイメージしてみるしかありませんでした。そこでナイキは効果を視覚的に訴えかける方法を模索し、ミッドソールの一部を切り取りそこからやエアパックをのぞかせ、外から見えるようにすれば誰もがエアに気づくのではないかという言葉にヒントを受けました。そのヒントから登場したのが、ナイキエアマックス1です。今では当たり前かもしれませんが当時はかなり画期的でした。

sneaker-girl.com

エアマックスはその名の通り大容量エアバッグを搭載し当時としては極めて高い衝撃吸収性と反発性を備えまさにエアの上を歩くような体感できることから、想像する性能の高さと実際の履き心地がリンクしたことでナイキの存在を広く知らしめることにもなりました。カジュアルなスタイルやシックにワントーンでまとめたい時など様々なシュチュエーションにハマってくれるエアマックス1。約30年近くの時を経ても色あせない普遍性を併せ持ったルックスは時代を超越して僕らの足元を飾ってくれますね。




サイズ感はどうなの?

サイズ感に関してなんですけれども結構細めです。足幅に関して非常に細めに作られています。0.5から1㎝サイズアップを軸にしたサイズ選択を検討するのがいいでしょう。私がいつも履いているシューズから1㎝大きいサイズのシューズを履いてみた感想ですが、正直足幅に関してはピッタリです。ピッタリかもしくは若干ゆとりがあるくらいなんですが日常生活を送る上ではピッタリの足幅になっています。なので0.5から1 cmサイズアップを検討しても良いシューズかもしれません。

ヒールの高さはどのくらい? 

ヒールの高さは約4センチです。実際足が乗る位置を考えると3.5センチ位身長がサイズアップされるのかなと思います。結構大きくなりますね。結構ヒールがグッと上がります。

まとめ

いかがでしたか?今回はエアマックスの原点ともいえるエアマックス1について歴史やシューズの特徴など解説してみました。ぜひこちらの情報を参考にナイキエアマックス1をお手に取ってみてくださいね。

 




コメント

タイトルとURLをコピーしました