【奈良】奈良観光 絶対に外せないスポット9選

Travel

世界遺産が目白押しの奈良県は寺院・遺跡から大自然まで魅力が満載です。そこで今回は奈良県の絶対に訪れたい観光スポット9選をご紹介します。

東大寺

世界最大級の木造建築として知られる大仏殿には奈良の大仏様がどっしりと鎮座しています。注目は大仏殿と南大門、大仏で、すべて国宝に指定されています。大仏殿は大仏を安置する東大寺の本堂で、世界最大級の木造古建築となっていて、南大門には高さ8mの巨大な金剛力士像が立っています。大仏は高さ約15mの世界最大級の銅像の仏像です。見どころ満載の東大寺は奈良観光には欠かせません。

www.todaiji.or.jp

法隆寺

世界最古の木造建築を要する法隆寺は1993年12月に世界文化遺産に指定された、聖徳太子ゆかりの寺院です。飛鳥文化を伝える仏像や堂塔をはじめ、各時代の仏教美術の傑作が保管されています。国宝・重要文化財は訳190件、点数にして約3000点にもなります。広い境内は西院伽藍と東院伽藍に分かれ、西院の金堂・五重塔などは世界最古の木造建築としても知られていますね。

yamatoji.nara-kankou.or.jp

興福寺

奈良公園の玄関口に位置する総計1300年を迎える興福寺は阿修羅像をはじめとする国宝仏を多数所蔵し、堂塔の大半も国宝や重要文化財に指定されています。注目は中金堂と五重塔です。中金堂の堂内では釈迦如来坐像をはじめとする複数の像を見ることができます。五重塔は高さ約50mを誇り、国内に現存する古塔の中で京都の五重塔に次いで高く奈良のシンボルとして親しまれています。百点以上の国宝重要文化財を見学できる興福寺は必見です。

yamatoji.nara-kankou.or.jp

唐招提寺

こちらは日本への度重なる渡航と苦難を乗り越えた鑑真の元祖とる立宗の総本山です。本堂は 8世紀後半鑑真の弟子の一人により創建された当時の姿を残す貴重な伽藍となっています。国宝にも選ばれている金堂は必見で、堂内には盧舎那仏坐像、千手観音立像、薬師如来立像の巨像が並んでいます。天平時代の息吹を肌で感じることができる観光スポットです。

www.toshodaiji.jp

薬師寺

薬師寺は法相宗大本山で天武天皇により発願され平城遷都に伴い現在地に移されたものです。1998年12月に世界遺産に登録されました。昭和から平成にかけてお写経運動により中心伽藍を往年の白鳳様式で復興しました。そのため他の大寺とは異なり、堂塔の多くは色鮮やかです。僧侶が境内で随時行うユニークな法話や、お写経が盛んなのも特徴です。塔内では薬師三尊像をはじめ国宝や重要文化財を見ることができます。

thegate12.com

春日大社

春日大社は768年に平城京の守り神として創設された神社で、全国におよそ3000社ある春日神社の総本社です。回廊、中門・御廊、藤浪之屋など必見のスポットが満載です。御蓋山の麓の境内には、優美な社殿が立ち並びます。本殿は国宝にも登録されています。ぜひ春日大社を訪れたら回廊内を特別参拝してみましょう。

www.imamiya.jp




長谷寺

古くから花の実寺と称されている長谷寺は奈良県桜井市初瀬にある真言宗豊山派総本山の寺院です。初瀬山の山腹に堂塔が点在する境内は風情豊かで、花の御寺とも呼ばれます。特にボタンが有名ですが、桜やアジサイ、紅葉が折々に境内を彩ります。また枕草子、源氏物語嵐の日記など多くの古典文学にも登場しているお寺です。

yamatoji.nara-kankou.or.jp

奈良公園

近鉄奈良駅の東に広がる奈良公園は、なんと総面積約500haという広大な敷地を誇ります。東大寺、興福寺、春日大社などの世界遺産が徒歩圏内に集中していることも魅力です。四季折々の変化を満喫でき、奈良のおおらかさを満喫できる人気の場所となっています。 公園内に生息しているおよそ1400頭の野生の鹿は国の天然記念物に指定されています。

wow-j.com

平城宮跡

平常宮跡は、奈良時代の首都・平城京の中心部の遺跡です。近年では歴史公園として整備がすすめられています。1998年12月には考古遺跡として日本初の世界遺産に登録されました。資料館なども整備されているほか、2018年3月にはカフェやレストランを備えた平城宮跡れき歴史公園「朱雀門ひろば」が開園し宮跡散策がさらに楽しくなりました。

tripnote.jp

まとめ

いかがでしたか?今回は奈良観光で絶対に訪れたいスポット9選をご紹介しました。ぜひ奈良旅行に行かれる際は参考にしてみてくださいね。




コメント

タイトルとURLをコピーしました