【徹底解説】ナイキシューズ エアズームテンポネクスト%編

Fashion

今回はナイキのランニングシューズをご紹介していきます。ナイキのランニングシューズは非常に人気で、人気のナイキを履きたいがどのモデルが合うか分からないや簡単に特徴を知りたいと思う方も多いはずです。そこで今回はそういった方向けにナイキのランニングシューズの解説を行っていきたいと思います。今回紹介するのはナイキエアズームテンポネクスト%です。

ナイキエアズームテンポネクスト%ってどんなシューズ?

こちらのシューズは注目されてる方もたくさんいらっしゃるんじゃないでしょうか?基本的にアルファフライに注目している人が多いとは思うのですが、はっきり言ってしまうとヴェイパーフライやアルファフライは走れる人が限られてくるシューズになっています。その理由としては底が厚くて柔らかいという特徴があって、足がそれを柔らかいって感じるか、ちゃんと接地してるかって感じられるかで、とても能力や練習の差が出ちゃうんですよね。柔らかさによるブレを補正するカーボンプレートが付いていることでバランスを保っているんですが、それ以上になるとばねを生む構造に足が耐えられないことが多々あります。テンポネクスト%ははじめ、トレーニング用と書かれているのでトレーニング用なのかなと考えていたのですが、シューズを履きなれていない人や初心者にとってはこちらのシューズの方が圧倒的に使いやすいです。レースシューズと考えて頂いても全然問題のないシューズになっていると思います。

ナイキ エア ズーム テンポ ネクスト%の特徴とは?

多くの人の場合は、機能がいっぱいあった方がいいですよね?アルファフライの場合は機能を厳選した少数精鋭の形をとっているのですが、エアズームテンポネクスト%は様々な機能を備えています。ズームフライやズームペガサスについてる安定感があって反発感のあるリアクトフォームを搭載しているなど、リアクトフォームとズームXフォームをブレンドした形となっています。 バウンド感が強いズームXと安定感の強いリアクトフォームの組み合わせに加えて、エアポッツもついていてアウトソールも耐久性があります。その分カーボンプレートはナイロンの複合プレートになっているのですが、そこでテンションを下げてはいけません。カーボンプレートというのは不可欠ではなく、安定さえすればいいことを考えると、エアズームテンポネクスト%はほとんどペガサスに近い形でソールが安定しています。

アルファフライはとても柔らかくて、力入れるとすごいスピードが出ますが、その力を入れるまでに時間がかかってしまいます。エアズームテンポネクスト%はズームXを感じるというよりもエアーポッツを感じます。クッションとして、とても分かりやすくコントロールしやすくなっていると思います。ズームXは柔らかい分リバウンドも大きいのですが、それを使えなければただぐらぐらするだけになってしまいますよね。簡単にまとめるとエアズームテンポネクスト%は様々な機能が付いていて使いやすいです。




他にも注目の点はある?

二つ目の特徴として筋活動量が少なく感じられる点があげられます。このシューズは多くの人にとって、ブレーキング自己ベストのシューズになってくると思います。シューズの幅は結構広くなっていて、フライニットも非常に効果があっていいです。さらに加えて、素材の重さに制限がない分、中はシンセティック素材でフォローしています。今までのフライニットで一番安定する構造になっています。簡単に言うとズームフライとかペガサスターボとかがレース用ですという方はこれらのアップデートシューズがエアズームテンポネクスト%になるのではないでしょうか?ヴェイパーフライからエアズームテンポネクスト%そしてアルファフライへと段階的に履きこなすのもいいかもしれませんね。

ナイキ エア ズーム テンポ ネクスト%使い方は?

エアズームテンポネクスト%は非常にリズムがとりやすくて自分で出力をコントロールできる感じがあるんですよね。安定してスピードに乗れて、最後はビューっとスピードが上がります。ピッチや接地の位置を意識するとペースがグッと上がります。ヴェイパーフライとの履き分けでいうとヴェイパーはレース用、テンポネクスト%は強度の高い練習用として使えるのかなとおもいます。エアポッツが効いているかどうかが練習の一つの目安になってくると思います。

まとめ

エアズームテンポネクスト%の24000円という値段はトレーニングシューズとしては高いですけど、レース仕様だと思ってしまえば割安なのではと考えます。そんな風に検討してみても良いのかなと思います。非常におすすめのいいシューズなのでぜひチェックしてみてくださいね。




コメント

タイトルとURLをコピーしました