【徹底解説】ナイキシューズ ナイキエアズームペガサス37編

Fashion

今回はナイキのランニングシューズをご紹介していきます。ナイキのランニングシューズは非常に人気で、人気のナイキを履きたいがどのモデルが合うか分からないや簡単に特徴を知りたいと思う方も多いはずです。そこで今回はそう言った方向けにナイキのランニングシューズの解説を行っていきたいと思います。今回ご紹介するのはナイキエアズームペガサス37です。

ナイキエアズームペガサス37ってどんなシューズ?

エアズームペガサス37は37代続いているシューズになります。今回はそのアップデートポイントとどういう方向けのシューズなのかをご紹介していきます。ナイキエアズームペガサス37はナイキズームシリーズのひとつになります。ズームシューズはレース用のシューズなのですが、その練習用のシューズとしてペガサスのシューズがあります。

アッパーの説明

透け感があるような素材になっていて、今までとは違い、耐久性をたもちながら通気性や軽量性を保持する仕組みになっています。またアーチの部分から足の甲の部分のシューズの中腹部にあたる部分がアップデートされていて、今まではフライワイヤーと言って、下から上に伸びている紐で、足を絞めるような構造になっていたのですが、今回は面になっているのと紐の穴の部分も少し広くなっているので、面で支えることでよりしっかりしたフィット感が得られる構造になっています。

ミッドソールの説明

今までの素材と変わりリアクトフォームという素材でリアクトという素材は今までの素材よりも高反発、高耐久、軽量というバランスの良いクッションとなっています。さらにリアクトコームも軽いので、前のシューズよりも全体的にソールが2㎜厚くなっています。それによって重量を増やすことなく、クッション性アップを実現しました。他にもエアズームを搭載しているのでズームエアが入っていて、空気のパックで反発感を得られるという仕組みになり、その厚みが前作の2倍になりました。前作では全体に搭載されたエアですが今作は中心部のみになっていて、その理由がかかとから着地する人でも着地する力を推進力に変えることができるようになったからです。




他にもおすすめの点はある?

もう一つズームエアのすごい点としては女性用のエアは気圧が低く、より柔らかい履き心地を体感できます。他の特徴としはかかとの部分がきゅっと上がっているのですが、その理由が着地するときの時間を長くしてくれます。かかとの部分が重いと着地の時間が早くなってしまうんですね。また足首の部分も尖らせることで、アキレス腱に当たらない点もいいですね。

www.fashion-press.net

実際に履いてみた感じは?

一番はクッションの柔らかさを体感できると思います。靴ひもを結ぶと包み込まれているような柔らかさも感じることができます。その理由が足を覆う部分の縫い目がない分縫い目から受けるストレスを感じなくて済むからだと思います。走ってみるとズームエアの推進力を十分に感じることができて、自分が押し込んだ力をさらに大きくして押し返してくれる爽快感の得られるシューズです。特に推進力を感じられるのが下り坂で、このシューズはつま先から足をついた時でもその力を逃がさず利用できます。先ほどヒールが吊り上がっているお話をしましたが、そのおかげでかかとがクッション過多で重いと避けていた方にもおすすめです。走った後はクッション性が強いので、疲れが軽減される感じがします。

どんな人向けのシューズ?

すべての人に履いていただけるシューズになっていると思います。やはりクッション性が抜群なので足の筋肉がまだできていない初心者の方でも気持ちよく走ることができます。フルマラソンを始めて完走したい方などでもスピードに乗れるシューズなのでおすすめできますね。他には部活動生にもおすすめできて練習で負荷を軽減できないシューズを履いて足を痛めてしまうケーズがあります。そういった場合にアップやジョギングのときにこういったクッションが厚めのシューズを履くと足の回復が早まります。使い分けて使用するのもいいですね。

最後に

カラーも豊富で好きなカラーを選んでランニングを楽しめるかなと思います。是非自分好みの一足を見つけてみてください。




コメント

タイトルとURLをコピーしました