【市販で買える】洗い流さないトリートメント4選

Beauty

髪のパサつきや広がりにお困りの方はいらっしゃいませんか?美容室に置いているようなサロン専売品のヘアケア商品でなくても、十分なケアが市販の商品でできます。本日は市販の洗い流さないトリートメントの中でも、おすすめしたいトリートメントを4つご紹介していきます。実際に美容師の方がおすすめしていた商品になります。

まずは、洗い流さないトリートメントをつける目的とタイプ別にどんな髪に合うのかをご説明していきます。




洗い流さないトリートメントをつける目的

  1. 髪の表面をコーティングして手触りを向上させること
  2. ドライヤーの熱や紫外線から髪を守ること
  3. 髪同士の摩擦から髪を守るという

以上の3つの目的があります。また洗い流さないトリートメントには様々な形状があります。大きく分けると3つありますミストタイプ、クリームタイプ、オイルタイプです。今回はこの形状別におすすめの洗い流さないトリートメントご紹介したいと思います。

ミストタイプ

まずは、ミストタイプから紹介したいと思います。ミストタイプは髪が細かったり・柔らかい髪質の方に適しています。手に付ける必要がないので、べたつきがないです。また朝の寝ぐせ直しにも使えます。そんなミストタイプのトリートメントの中でもお勧めしたいのがこちらです。「いち髪 髪&地肌潤う寝ぐせ直し和草シャワー」です。こちらの商品は250mlで582円(税込み)とコスパがいいのに加え、髪と肌に安全な成分が配合されています。また地肌につけてもべたつかないのもポイントです。気になる香りは、「みずみずしく可憐に咲く山桜が満開の香り」だそうです。もの凄いネーミングセンスですが、簡単にいうと、「桜の香り」ですね。こちらは寝癖直しにも使えるほか、髪が濡れている時につけてそのまま乾かして仕上げるといった使い方もできます。

 

ミストタイプでもう一つおすすめしたいのが「STEPHEN KNOLL プレミアムスリーク ハイドロリニュー ミストリッチモイスト」になります。こちらは「いち髪」よりも、トリートメント成分が多いのが特徴です。髪の表面に皮膜を作り、その皮膜がドライヤーの熱や紫外線から髪を守ってくれます。さらにSTEPHEN KNOLLをおすすめしたい理由としては、ポリクオタ二ウム-51という成分が入っているためです。ヒアルロン酸の2倍の保水力があるためしっとり仕上がるのが特徴です。香りはフローラルの香りです。料金は250mlで1,400円(税込み)です。

ミルクタイプ

次はミルクタイプをご紹介していきます。ミルクタイプの特徴としては、髪へのなじみが良く、ミストタイプよりしっとり感が強く出ますので髪が硬くて広がりやパサつきが気になる方に特におすすめになります。ミルクタイプで紹介したいのはこちらです。「BOTANIST ボタニカルヘアミルクモイスト」です。こちらのトリートメントに含まれる成分が熱に反応し、髪を補修してくれます。また、加水分解コラーゲン・セラミドが含まれていて、保湿力が高いというのも特徴です。香りはアップル&ピーチとなり、少し甘めの香りとなります。80mlで1,870円(税込み)となります。ヘアミルクなので、量はそこまで必要ないです。ショートからミディアムの方で、1プッシュが目安となります。

オイルタイプ

次はオイルになります。オイルの特徴としては、一番しっとり仕上がるのが特徴です。広がりやパサつき、ボリュームが出やすい方に特におすすめです。中でもお勧めしたいのが「Diane bonheurシグネチャーオイル」です。実はこちらの商品、全身に使えるオイルとなります。全身に使えるという事は、配合されている成分も優しいということです。こちらは、スタイリングの際の濡れ感・束感を出したい時におすすめです。また、乾かす前でも、仕上げとしても使用できる万能なオイルです。香りはブルージャスミンの香りで、スッキリとした香りが特徴です。こちらの商品はシリコンに頼ることなく、天然のオイルを配合した商品です。100mlで2,189円(税込み)となります。オーガニックのオイルは値段が高いものも多いですが、「Diane bonheurシグネチャーオイル」はお買い求めやすい金額になっています。

以上4点紹介させていただきました。

どれもおすすめの商品になりますが、ご自身のお悩み、使用用途によって選んでいただきたいです。

※料金は購入場所、時期により変わりますのでご容赦ください




コメント

タイトルとURLをコピーしました