【ナイキエアフォース 1】デザインからサイズ感まで徹底解説

Fashion

今回はナイキのスニーカーの定番NIKE AIR FORCE 1を紹介・解説していきます。 NIKE Airを搭載した初のバスケットボールシューズとして1982年にデビューしたAIR FORCE 1はオールホワイトをはじめとして、カラーも豊富で今なお多くの人に履かれていますよね?NIKE AIR FORCE 1は高いパフォーマンスを要求されるバスケットボール用としてデザインされたAir  pushingにより優れた履き心地を実現したシューズとなっています。




シューズのデザインについて

ステッチを施したオーバーレイはこのシューズのバスケットボールのルーツを表願しています。履きやすく洗練されたスタイルが特徴的です。ミッドソールにはそれぞれのカラーで書かれるAIRの文字が程よいアクセントをもたらします。アッパー部分はホワイトで統一されていて、終端部分はそれぞれのカラーリングのロゴで構成されています。アウトソールもそれぞれのカラーで異なりますが、特徴的なシルエットでナイキのロゴが描かれています。ヒール部分にもナイキのマークが入っていて、後ろから見た時もスタイリッシュな印象を持つことができます。AIR FORCE 1は基本的に他のモデルと比べてもベーシックなスタイルで好みが分かれるシューズになると思います。どんなスタイルにも合わせやすいシューズなので一足持っていただいて損はないかなと思います。価格も手を出しやすい価格となっていますので検討してみてください。

store.architectureandsneakers.com

サイズ感について

AIR FORCE 1はナイキの中では全体的にゆとりがあります。大雑把な説明ではありますが、ナイキでいうとエアマックス系のシューズに近いサイズ感だと思います。ナイキのシューズを持っていないという方は、甲も幅も狭くはないので普段履かれているサイズでいいと思います。ちなみに私は普段26.5cmを履いているのですが、今回も26.5㎝を購入してちょうどいいサイズ感になっています。ハーフサイズ上げた27㎝でも違和感なく履いていただけるかと思います。

履いてみた感想は?

デザインは見た通りよくも悪くもベーシックです。派手すぎるわけでなくかといって地味なわけではない感じで所々にあるナイキのロゴやカラーがいいですね。すごく履きやすいデザインだと思います。履き心地はいわゆるクラシック系のモデルなので、とてもいいというわけではありません。クッション性はほどほどで軽いというわけではないので、ハイテク系のモデルと比べると劣ってしまいますね。ただ特別悪いというわけではないので安心してください。履き心地に重点を置いている方は他のシューズを検討してもいいかもという感じですね。定価は11000円で、適度な履き心地とベーシックなこのシューズは妥当な価格といえるのではないでしょうか?カラーによってはセールで大変安くなっていたりするのでその機会は逃せないですね。どのカラーを選んでいただいてもホワイトが基準となるモデルが多いので間違うという要素はほぼありません。コーデも服を選ばずコーデも楽で履くだけで様になってくれるのではないかと思います。

store.shopping.yahoo.co.jp

まとめ

いかがでしたか?AIR FORCE 1に関してはオールホワイトが人気となっていると思いますが、本当に様々なカラーも展開されていて、自分のスタイルに合ったシューズを選んでいただけると思います。セールにもかかる商品でありますのでその機会は逃さず、お手頃な価格で手に入れてほしいですね。




コメント

タイトルとURLをコピーしました