【ソニー】サウンドバーで充実したお家時間を!

Shopping

自宅にいても高音質な音楽や映画を楽しみたいという方も増えてきているのではないでしょうか?そんな方におすすめしたいサウンドバーを紹介したいと思います。私自身、自宅にいる時間がかなり増え、音楽を聴きながら作業をすることが多くなりました。そこで感じたのが、もっと高音質で低音もしっかりときいた本格的な音を楽しみたいという事です。ビックカメラで悩むこと1時間、店員さんとも議論を重ねて購入に至った商品がこちらです。

オールインワン サウンドバー:HT-X8500【ソニー公式】

SONYのサウンドバー(HT-X8500)を購入しました。バースピーカー(幅x高さx奥行き):890mm X 64mm X 96mmとなっており、TV台においても全く圧迫感がなくスタイリッシュなデザインもお気に入りの理由です。価格は39,000円となります。以下に、購入の決め手となったポイントをいくつかまとめてみましたので是非参考にしてみてください。

迫力のサウンド

何といっても迫力のあるサウンドに驚きました。それもそのはず、従来のチャンネルベースに音の位置情報や移動情報(オブジェクト情報)を加えた、最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス(R)」「DTS:X(R)」に対応しているんです。前後左右を中心とした従来のサラウンド音場に対して、高さ方向の表現力を加えた3次元の立体音響技術により、全方位からの音に包みこまれるリアルな音響空間を楽しめます。実際に音を聞いてもらうと分かるのですが、映画館の中にいるように音に包み込まれる感じがします。

www.sony.jp

また、低音に関しても非常に満足しています。本体中央にデュアルサブウーファーを搭載していています。コンパクトさと低音の迫力を両立させるため前面に配置し、また、ユニットを2個にすることでコンパクトながらパワフルな低音の再生を実現しているようです。「ズゥーン」と低音サウンドもしっかりと再現してくれます。

www.sony.jp

マンションに住んでいる方も安心できる機能があります。マンションや深夜の視聴に最適、小音量・高音質を実現する「サウンドオプティマイザー」という機能がありますので、ボリュームを下げても、コンテンツに本来収録されている周波数特性を人間の聴感特性に合わせて補正し、小音量でも豊かな音場効果を再現します。




 

4K信号とHDR信号に対応

TVの買い替えタイミングでもあったので、4K信号に対応しているかどうかも決め手の一つでした。入力された4K信号をそのまま4Kテレビへ送信する「4Kパススルー」に対応しているほか、4K放送対応チューナーを接続するために必要な著作権保護規格HDCP2.2/2.3に準拠しています。4Kテレビにつなぎながら本格的な音体験を楽しめるのもポイントの一つです。

www.sony.jp

Bluetooth接続が可能

購入時にBluetooth接続できるかどうかも条件の一つでした。こちらのサウンドバーはもちろんBluetooth対応です。お持ちのスマホやタブレットと接続する事ができます。またソニー製のテレビを使っていらっしゃる方なら、テレビともBluetoothで接続できます。

www.sony.jp

いかがでしたでしょうか。快適なお家時間を過ごすために『音』にこだわった生活を始めてみませんか?




コメント

タイトルとURLをコピーしました