【金沢】買って帰りたいお土産10選

Shopping

旅行に行くとたびたび考えなければいけなくなるのがお土産についてですよね?お土産には美味しいものや有名なものがたくさんあってとても悩んでしまうと思います。そこで今回は金沢に行ったら買って帰りたいお土産10選をご紹介します。

宝の麩/不室屋

不室屋で販売されている宝の麩は美味しいお吸い物です。お湯を注ぐだけのお手軽さで本格的なお吸い物が出来上がります。手のひらに収まってしまうほどの可愛いサイズの麩焼きです。その麩焼きの中に色とりどりの麩や野菜がたっぷりと入っているんですよ。

shop47.info

きんつば/中田屋

店名がきんつば中田屋になっているように中田屋といえばきんつばですし、きんつばと言えば中田屋ですね。小豆のつぶあんは北海道産の大納言小豆を使用しています。薄い皮で包まれているきんつばはほかのお店と比べて甘さ控えめで塩味がはっきりと主張しているのが特徴です。金沢名産の加賀棒茶と合わせて頂くと美味しさも倍増するような気分が味わえます。

shop47.info

まるごとみかん大福/中越

まるごとみかん大福はみかんを丸ごと包み込んだ、中越で人気のフルーツ大福です。白あんと羽二重餅にもこだわって作られた大福で、一口食べると果物の美味しさが口の中いっぱいに広がります。みかんの他に爽やかな酸味のリンゴの果肉がゴロゴロ入ったゴロゴロりんご大福にブルーベリーの優しい甘さが口の中で広がるふんわりブルーベリー大福もオススメです。

omiyadata.com

笹寿司/芝寿司

笹寿司とは金沢の各家庭で特別な日に作っていた押し寿司です。それを40年前に芝寿司の創業者が笹寿司として商品化しました。それ以来北陸3県で年間1100万個以上の製造数を誇っているんです。主に鯛や鮭が具材になっています。笹寿司は石川県民のソウルフードとして定着し運動会や遠足のお弁当には絶対に欠かせない一品になっています。

www.100bangai.co.jp

小出/柴舟

柴舟小出の柴舟は生姜の風味が程よく効いた金沢のお菓子です。反り気味の小判型にうっすらと白砂糖が化粧引きされています。辛さや風味が損なわれないようにその都度絞った生姜汁を砂糖とすり合わせた生姜蜜が決め手です。生姜のもつ辛味とその奥に隠れているまろやかさを引き出した生姜すり蜜は、湯煎で温めながら、はけで1枚1枚熟練した職人が仕上げています。

www.shibafunekoide.co.jp




とり野菜みそ/まつや

まつやのとり野菜みそ鍋は石川県民なら誰もが冬に自宅で何度も食べる定番料理です。とり野菜みそはいろんな食材とよく合う味噌で、味わい深い風味とコクがあります。繰り返し食べたくなる飽きのこないお味で、美味しく鍋をいただいたら〆にどう入れても絶品です。 松屋ではピリ辛とり野菜みそごまとり野菜みそ坦々ごまとり野菜みそとり野菜みそ素みそとり野菜みそ鍋スープなどもそろっていますよ。

www.travel.co.jp

じろ飴/俵屋

じろあめは天保元年西暦1830年創業の飴屋で誕生した水飴状の柔らかい飴です。ドラマ半沢直樹によって全国的に認知度が上がった商品なんです。俵屋の本店は金沢市小町町の一角にあり、建物は金沢市指定保存建造物でもあります。お店では商品が並ぶ対面式の販売台があり固形状の飴などさまざまなお菓子が並んでいます。でもやはり1番人気はじろ飴のようですね。

e-sweets.info

しぶ皮栗/甘納豆かわむら

しぶ皮栗を販売している甘納豆かわむらは西茶屋街にお店を構える人気の甘納豆専門店です。夕方の静かな時間になってもこちらのお店だけは旺盛の客で賑わっています。金沢の和菓子屋さんは老舗が多いのですが、甘納豆かわむらは比較的新しいお店です。様々な和菓子がありますが、やはり人気はしぶ皮栗です。西茶屋街にある一店舗のみでの販売ですので、貴重な手土産として喜ばれること間違いなしです。

ippin.gnavi.co.jp

プレミアムライスミルク/福光屋

ライスミルクとはヨーロッパをはじめとして、健康志向の方などに愛されてきたお米を使った発酵ドリンクです。福光屋のプレミアムライスミルクは精米した契約栽培米を麹で、丁寧に発酵した本格発酵仕込みです。お米本来の美味しさは勿論のこと、ビタミンミネラル必須アミノ酸などの栄養価も高い商品です。軽やかな味わいとなめらかな舌触りが楽しめます。

www.fukumitsuya.co.jp

くるみ/清香室町

清香室町の銘菓くるみは甘みを抑えて作った自家製の餡とくるみが絶妙な味わいとなった可愛い和菓子です。コロンとした丸い形の中には大粒のくるみが丸ごと入った贅沢な和菓子なんですよ。1口食べるとそのクルミの香ばしさと自家製あんの優しい甘みがふわっと広がります。お土産に人気の清香神室町が販売する代表銘菓である金沢銘菓としても長年愛され続けています。

www.seika-muromachi.com

まとめ

今回は金沢で買って帰りたいお土産10選をご紹介しましたがいかがだったでしょうか?旅行した土地に素敵なお土産がたくさんあると選ぶのに悩んでしまいますよね。金沢もスイーツ系のお土産から郷土料理に雑貨や郷土品などたくさんのお土産候補があります。ぜひ今回の記事を参考に気に入りのお土産を見つけてみてくださいね 。




コメント

タイトルとURLをコピーしました