【徹底解説】ヴェイパーフライネクスト%2前作と何が変わった?

Fashion

今回ご紹介するのはナイキエアズームXヴェイパーフライネクスト%2です。ヴェイパーフライネクスト%はキングオブレースシューズになっているといっても過言ではありません。最新モデルは一体どのようなアップデートを果たしたのでしょうか?ここではそれらについて徹底解説していきたいと思います。



前作からの変更点

ヴェイパーウィーブからアッパー素材を変更したことが大きく変わった点です。前作のヴェイパーウィーブはナイロンのような通気性もあって水もはじくというのが特徴でした。モデルチェンジするにあたってこのエンジニアードメッシュに変更になりました。シューレスも変更があってドラゴンフライなどにも使われている薄手でギザギザのものになっています。なのですごくほどけにくくなったことがいい点ですね。

www.nike.com

デメリット

アッパーが一般の素材に変わったことで重量が増えました。重さを測ったところ差は6gぐらいでした。ただ今回注目してほしいことはシューズの価格が30,250円が26,950円になりました。これなら素材を変えたことでお求めやすくなり最近の厚底レーシングシューズよりも価格が安くなっているのでデメリットでもないかもしれません。

www.nike.com

どんな方におすすめか?

もとよりヴェイパーフライというのは二面性を持っていてとにかく履きやすいシューズになっています。ソールの厚さを感じさせないレーシングシューズに仕上がっていますね。接地しただけで足が横方向へ揺れるような感覚があり、カーボンが入っている分ねじれないので足の動きを増幅させるような動きを感じます。ヴェイパーフライネクスト%2は横方向に結構揺れるので、薄底のシューズのねじれる感覚とほぼ同等といっていいです。なので爆発力はヴェイパーフライネクスト%2あると思います。履きこなすことのできるトップアスリートの多くはヴェイパーフライを選んでいいのではないでしょうか?多くの市民ランナーにとっては横方向への揺れを作らない方が履きやすいのでお勧めはできません。揺れることによって疲労感が出るので長く履けないといったことにつながってしまいます。脚力を持っているランナーサブ3といった人はこのモーションをどんどん作ってくれたほうが足のばねとヴェイパーフライのカーボンにより増幅されるのは間違いないですね。

www.nike.com

まとめ

大きくまとめると横方向の揺れが大きな特徴のシューズなのかなという印象です。キングオブレーシングシューズいってもいいと思いますね。ルールを変えたシューズそうですね。前作のネクストパーセントと今回の2ではその大きな変化履き心地や大きな変化はない無いのかなと思います。安くなっていることが特徴で他の厚底レーシングシューズと比べたときにも反発性とクッションとか推進力とかバランスが良いいのですが、難易度がちょっと高いシューズにはなります。フルマラソンで履きこなせるかはランナーの脚力によるのかなと思います。これを履いて走ってみると凄い靭帯が拡張されている感じがします。なのでそういう体験を遊んでみるっていう使い方も結構あると思いますね。フルマラソンのレースのために買わなくてもそういう遊びを楽しんでみる意味で購入する価値は結構あると思います。そして何よりシューズのデザインがかっこいいです

最後に

前作と2そしてほかの厚底シューズと比べながら簡単に紹介させていただきましたがいかがでしたか?この記事が参考になった方はぜひナイキエアズームX ヴェイパーフライ ネクスト% 2を手に取ってみてくださいね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました