【エアフォース1】分かりやすく徹底解説

Fashion

今回はスニーカーとして定番、実はもともとバスケのシューズのNIKE Air Force1の特徴を解説します。




■発売:1982年

■ブランド:NIKE

■種別:バスケットボールシューズ

■テクノロジー:ナイキエア

■着用NBA選手:マイケル・クーパー、ボビー・ジョーンズ、モーゼス・マローンなど

このシューズの最大の特徴は・・・

1.エア初搭載のバスケシューズ

□ナイキエアは1979年のランニングシューズ、「テイルウインド」で初めて使用された

□それから研究を重ね、ついに1982年にバスケシューズに搭載することに成功した。

□実はエアジョーダンよりも先である!(エアジョーダン1は1985年)

□印象井的な広告とともに登場

 

宙に浮いたシューズとボールでエアを表現し最新のテクノロジーを紹介した。

□当時の広告塔になったNBA選手

マイケル・クーパー、ボビー・ジョーンズ、カルヴィン・ナット、マイカル・トンプソン、ジャマール・ウィルクス、モーゼス・マローン

 

2.アンクルストラップ

□機能

バスケットのプレイで足首をサポートするために搭載。圧力がかかることで、関節の動き過ぎを防止できます。

□ファッション

デザインのアクセントになったため、スニーカーとしてもヒットする要因になった。

□ラシード・ウォレス

1995年~2010年まで活躍したNBA選手。昔ながらのAir Force 1を試合で使っていたのが有名である。ストラップを後ろに垂らして履くスタイルが独特です。

3.スニーカーの超定番

□1985年に最初の復刻、即完売

□以降スニーカーとしての人気を確立

□ロー/ミッドカット、カラーバリエーション、限定版・コラボモデルなどなどこれまでに数多く発売している。

サイズ感・履き心地

□エアフォース1は小さめに作られている

いつも履いているシューズのサイズのサイズよりもハーフサイズ、幅広・甲高の人はワンサイズ上げた方がジャストフィットします。基本的には横幅に合わせて購入することがおすすめです。つま先に1~2㎝ほど余裕が出てくることもありますが、これは捨て寸の範囲内ですので問題なく履いていただけます。

まとめ

  • エア初搭載のバスケシューズ
  • アンクルストラップ
  • スニーカーの超定番
  • エアフォース1は小さめに作られている
  • ナイキを代表する定番ロングセラーモデル




 

コメント

タイトルとURLをコピーしました